カリキュラムの構成
カリキュラムの構成

CURRICULUM人を育てる仕組み

「自ら学び、共に学ぶ力」と
「自ら考え行動する力」を育む4年間の学び。

CUBEでは基礎から応用、そして実践へと積み重ねていく従来型の学習スタイルとは大きく異なる、実践を中心にした「プロジェクト型学習」を展開。プロジェクトに必要な専門知識やスキルを楽しく学ぶとともに、人間的な魅力を深める「リベラル教育」にも力を注いでいます。上級学年になるに従ってプロジェクトのレベルが上がり、それをやり遂げる中で確実に力をつけて、大きく成長していけるカリキュラム構成です。

これらに加え、特別留学コースでは、2年次後期から原則1年間海外に留学し、現地の学生と共に経済・経営について学びます。
もちろん、マネジメントコースにも留学や、海外インターンシップなど、異文化に触れ語学力を磨くチャンスが用意されています。

マネジメントコース特別留学コース

CUBEの学びはここが違う

POINT01

経済・経営を中心に学ぶ「プロジェクト型」学習

講義を中心とした学習スタイルではなく、実践を通して多くのことを自ら学ぶ「プロジェクト型」学習を展開しています。その経済と経営を中心とした独自の学びの中で、「生き抜く力」や「物事をやり抜く力」など、人生をマネジメントする力を育てます。

POINT02

社会で活躍できる国際力を身につける

CUBEでは英語教育を重視し、海外留学や海外ボランティアを通じて国際社会に積極的に関わる人材を育成します。また、授業内での討論やレポートも英語で実施するなど、英語を学ぶのではなく、「英語で学ぶ」教育に取り組んでいます。

POINT03

本物にふれあうリベラル教育

厚みある人間を育てるため、文化、芸術、化学、歴史などのリベラル教育も重視しています。たとえば講義に芸術家や音楽家を招いたり、コンサートホールを訪れたりすることで本物にふれ、感性を刺激し、人間的魅力を引き出します。

カリキュラムの構成

カリキュラムの構成カリキュラムの構成2

導入基礎科目

高等学校での学習から、「自ら学び、共に学ぶ」「自ら考え行動する」CUBEスタイルの学びへと移るために必要となる、言語的論理思考能力、数学的論理思考能力、コミュニケーション能力、体育といった基礎能力を育成します。
1学年を4つのクラスに(約50名)に分け、1クラスを複数の教員で担当する「基礎リテラシー」や「経済学入門」「経営学入門」などの基礎科目で構成されています。また、CUBEでは英語教育を重視しており、マネジメントコース、特別留学コース、2つのコースそれぞれ特色ある英語プログラムを実施しています。

プロジェクト型学習

CUBEの「プロジェクト型学習」は、卒業までにいくつもの研究プロジェクトに取り組み、[自学→発見→体験→実践]を何度も繰り返します。そうすることで自分に不足しているものを理解し、自分の成長を感じます。また、実社会と関わる多くの体験を通じて「自ら学び、共に学ぶ力」と「自ら考え行動する力」を身につけます。

プロジェクト科目

CUBEの学びの中心となる科目で、レポートやプレゼンテーションによってテーマに沿った最終作品を作り上げます。制度や政策の評価や分析・策定から、地域振興・まちづくりなどの「パブリック研究プロジェクト」、企業分析や起業実践、ブランディング、インターネットビジネスなどの「ビジネス研究プロジェクト」、国際問題、国際紛争、貧困・人権、国際環境、多文化理解などの「グローバル研究プロジェクト」の3つの分野に分かれています。また、3つの分野を超えた政治やマスコミ、文化、科学技術など複合的なテーマを中心とした「超領域研究プロジェクト」もあります。

プロジェクト科目

フィールドワーク

国際的な教養と品格を備えた社会に貢献できる人材育成を目指し、インターンシップ、ボランティア活動などのフィールドワークも実施しています。

フィールドワーク

実践・創造科目

企業・産業系、公共経営・政策系、グローバルスタディーズ系など、実ビジネスや現実社会との係わりを、意識した様々な講義を実施しています。知識・スキルを学ぶだけでなく、経営者や専門家とのディスカッションや、具体的ケーススタディなど実践的な教育を行っています。

実践・創造科目

リベラル教育科目

教養と品格の育成を目的として、「芸術」、「数学の世界」、「情報とメディア」、「国際社会と日本」など、現場で活躍する方々をゲストスピーカーとして招くなど、実社会との係わりや実体験を重視したより実践的な教育です。

リベラル教育科目

ワークショップ科目

プロジェクト学習で必要とされる調査や分析の手法、プレゼンテーション技術やコンテンツ作成、簿記会計など様々な知識とスキルが学べます。

ワークショップ科目

卒業研究プロジェクト科目

卒業研究プロジェクトは、CUBEでの学びの集大成として、1年間を通して研究を行います。学生一人一人が自分自身で研究テーマを設定し、教員の指導のもと研究を進めていきます。卒業研究のテーマは、経済や経営などに関する幅広いテーマでの研究が行えます。例えば、国際関係、マーケティング、製品企画、労働、公共政策、福祉、環境問題、金融、知的財産、情報通信技術、などがあります。

甲南大学
Copyright © Konan University. All Rights Reserved.
ページの先頭に戻る