ページ内を移動するためのリンクです。

PROFESSOR 共に考え、行動する先生たち

ここからメインコンテンツです
現在表示しているページの位置
  • HOME>
  • 共に考え、行動する先生たち>
  • 教員紹介>
  • 倉本 宜史先生
  • 倉本 宜史先生の写真

自分を知る勉強をしよう。

倉本 宜史先生

専門:地方財政 担当:基礎リテラシー・経済学入門・公共政策・公共政策の実践・パブリック研究プロジェクト他

  • 現地視察に欠かせない地図とデジタルカメラ。地方新聞にも必ず目を通す。

地域の人々と触れ合い、そこでの生活を直に見聞きすることは、財政学においてとても大切なこと。旅行好きの私にとって、専門である地方財政の現状を肌で知るために各地を訪れることは、趣味と実益を兼ねた貴重な経験になっています。各地の財政の違いには、その地域の地理的要因が大きな影響を与えていることも現地を訪れると実感できます。旅先でその土地の美味しいものを聞き、実際に食べてみることも楽しみのひとつ。職業を選ぶときは、いかに仕事を楽しめるかを意識することも重要ですね。現在は旅行でお世話になることの多い公共交通機関と地方財政との関係について研究しています。

政府は教育や医療、交通などさまざまな分野と関連があるために、財政学研究の対象は探せば探すほど広がっていくのもおもしろいところ。CUBEで学ぶ学生の皆さんには、ぜひ積極的に行動して多くの人々との触れ合いの中で、興味の対象を広げて欲しいですね。特にキャンパスのある西宮ではボランティア活動への参加や、お隣の兵庫県立芸術文化センターでのお手伝いをお奨めします。講義では地元の方への聞き取り調査や海外で活躍している人々との交流も予定しているので、皆さんと一緒に活動できることを楽しみにしています。
私は現在、地域に役立つ研究の出来る研究者を目指していますが、子どもの頃は地域に役立つ政治家になろうと思っていました。研究活動の楽しさを知り夢は変わりましたが、常に目標に向かって行動することが何より大事だと考えています。

メッセージ

「自分は何をしたいのか。その実現には何が必要か。そして今できることは何か」それを考え、実践することが夢を叶える方法です。がむしゃらに走るのではなく、目標を見極めて長期的視点で前進することが大切だと思います。

倉本研究室ウェブサイト

教員紹介トップへ戻る