ページ内を移動するためのリンクです。

PROFESSOR 共に考え、行動する先生たち

ここからメインコンテンツです
現在表示しているページの位置
  • 高 永才先生の写真

ビジネス現場を知り学びを深める。

高 永才先生

専門:技術経営、経営組織論、経営戦略 担当:基礎リテラシー・経営学入門・企業と経営、教養実践、ビジネス研究プロジェクト他

  • 論文のヒントや授業のアイデアなど、思いついたことを書き留めておくネタ帳。

出身はソウルですが、幼少期は日本で過ごしました。そうした中で日本と韓国のビジネスに関心を持つようになり、韓国の大学では経営学を専攻。日本の大学院では技術経営を中心とした研究を行ってきました。経営学は私たちの日常生活に直結した学問です。テレビや新聞などのニュースにも実際学んでいる理論やケースが登場することがあり、「自分が学んでいることは社会に貢献している」と実感することができます。博士論文では「日本と韓国の携帯電話端末産業の欧州における動き」について研究し、現在は「携帯電話端末産業の成り立ちという歴史的な背景が端末メーカーの製品開発に与える影響」の論文をまとめているところです。

研究には、企業を訪問しての聞き取り調査が欠かせません。CUBEでも積極的にフィールドワークを行い、企業で製品開発や販売に携わっている人から直接話を聞く機会を設ける予定です。大学での学びがビジネスの現場でどのように生かされているかを知ることで、経済・経営は身近なものになると思います。CUBEには私を含め海外出身の教員が多く、経歴もさまざまな人材が揃っていることが特徴のひとつ。多くの人と接し、多様な考え方に触れながら、自分自身の進むべき道を見つけて欲しいと思います。

メッセージ

「門を叩け。さらば開かれん」という聖書の言葉があります。ただ待っているだけでは門は開きません。自分から行動を起こすことで道は開かれるはずです。自分の可能性を信じ、自分の未来を開拓してください。

教員紹介トップへ戻る