ページ内を移動するためのリンクです。

キャリアデザインカリキュラム

ここからメインコンテンツです
現在表示しているページの位置

社会で活躍する卒業生たち

CUBEの先生や学生はとても刺激的で、自分を変えるきっかけをくれる存在でした。

山下 脩平 さん

  • 卒業:2013年 3月 マネジメントコース卒業
  • 卒業研究プロジェクト:佐藤 治正 先生
  • 勤務先:不動産業界
  • 所属部署:総務人事部

CUBEでの日々

Q.
CUBEではどんな学生でしたか?また、どんなことを学びましたか?どんなことをして過ごしましたか?

一言で言えば「まじめ」な学生で、課題やテストも人並みには出来ていたと思います。ですが自ら積極的に活動することは少なかったです。そんな私ですが佐藤先生の卒業プロジェクトをきっかけに自分を変えることが出来ました。先生から学んだことは「自ら行動すること」の大切さです。「教育」をテーマに卒論を制作する過程で先生はよく「この本の作者に会いに行けよ」「現地を見にいけよ」と私たちの行動を促すアドバイスをくれました。「本の作者に会うなんて絶対に無理だ」と思いながら、連絡をとってみると想像以上に簡単にインタビューできることもありました。私を含め多くの学生は無意識の内にあらゆることに限界を決め、可能性を狭めてしまっていると思います。そんな学生にとってCUBEの先生や学生はとても刺激的で自分を変えるきっかけをくれる存在になると思います。

 

Q.
あなたにとってCUBEとは。CUBEらしさとは何ですか?

CUBEは私にとって、卒業後も学びの場所としてとても大切な存在です。私が所属していた「佐藤ゼミ」では卒業後も後輩たちや在校生と共に勉強会が行われます。また卒業生としてCUBEの新入生に対してプレゼンテーションをする機会をいただくこともあります。卒業後と言えども、学びを怠るとすぐに先生や後輩に見抜かれる環境です。こうして先生や在校生と卒業後も繋がりがあることはCUBEらしさの一つだと思います。

仕事内容・取り組んでいること

Q.
現在はどんな仕事をされていますか?今後する予定ですか?

昨年の冬までは京都でマンションの販売をしていました。モデルルームに来場されるお客様へ物件紹介から資金計画のご提案、契約締結までを一人で行っていました。お客様からどのような質問が来るかわからない状況でいつも刺激的な日々でした。今年からは全く業務内容の違う総務人事部に異動し、主に法務担当として仕事をしています。各部署から上がってくる契約書が法的に問題ないか、当社にとって不利な契約内容になっていないかなどを確認します。販売担当だった時とは別の意味で刺激の多い仕事で、法務担当の判断が「会社の判断」と見なされるので大変責任のある仕事です。現在は上司と共に業務を行っていますが、早く一人でこなせるように日々勉強中です。

Q.
仕事のおもしろさや難しさ。働くうえで大切にしていることは?

法務担当の仕事では、素早く判断することよりも確実な判断をすることが大切だと思っています。販売をしていた時は、目の前にお客様がいる状況で、ある程度柔軟な判断が求められる場面も多かったですが、現在の仕事は各部署からの依頼に対し、しっかりとした法的根拠を示し説明することが求められます。また、販売の仕事をしていた時は、目の前のお客様に対して一生懸命でしたが、現在は会社全体を横断的に見ることができる仕事なので、仲介事業やリフォーム事業など不動産業に対する視野が広がりやりがいを感じています。

 

メッセージ
Q.
社会人を経験してみて、学生時代にやっておいた方がいいと思うことは何ですか?

もっと様々なことにチャレンジすべきだったと思います。特に英語を真剣に勉強しておくべきでした。私が勤める会社は関西を中心とした不動産会社ですので、自分には「英語」や「海外」はあまり関係ないと思っていました。ですが入社後に海外事業への参入が本格化し、「海外」が身近なものになっています。なにより、英語ができると人生の選択肢や交友の幅も広がります。時間に余裕のある学生時代に無理をしてでも留学すべきだったと後悔しています。

Q.
これからCUBEを目指す高校生にメッセージをお願いします

あらゆることに限界を決めずに挑戦してみてください。私も学生時代の前半は無難に日々の授業をこなしていました。初めから自分には無理だろうと思い込み多くのチャンスを逃していたと思います。ですが、CUBEで卒論作成・就職活動等を通して小さな挑戦を積み上げた今では、「なんでもっと挑戦しなかったのだろう」と後悔しています。皆さんには4年間も時間があります。学生時代には気づきませんでしたが、この自由な4年間はとても貴重な時間です。4年間で何に挑戦し成長するかで卒業後の人生は大きく変わってくると思います。是非、何事にも思い切って挑戦してみてください。