ページ内を移動するためのリンクです。

キャリアデザインカリキュラム

ここからメインコンテンツです
現在表示しているページの位置

社会で活躍する卒業生たち

お客さま対応に考える力が問われる日々。 厳しいけれど期待に応えたい。

山下 遥さん

  • 卒業:2013年 3月 マネジメントコース卒業
  • 卒業研究プロジェクト:佐藤 治正 先生
  • 勤務先:通信
  • 所属部署:コンタクトセンタ部

CUBEでの日々

Q.
CUBEではどんな学生でしたか?また、どんなことを学びましたか?どんなことをして過ごしましたか?

CUBE生であることを存分に楽しんでいた、また利用していた学生だったと思います。しかし、1~2年生の時は、そのように思うこともなく、ただただ毎日の授業をこなすだけでした。それが、佐藤先生と時間を多く過ごさせていただくようになった3年生頃から、自分が大きく変わりました。自分が大きく変わることになったのは、CUBEで学んだ3つが大きく影響をしているかと思います。「学ぶことの楽しさ」「挑戦することは自分を変えるという気づき」そして『「未来は自分で変えることができる」という自信』の3つです。 この3つを学んだきっかけが、「日々の授業の中での数多くのプレゼン」「仲間との刺激的な会話」「卒業論文制作」、そして何より、「毎日の佐藤先生との議論」でした。毎日が刺激的で、学ぶことが多かったCUBE生活の4年間は、私にとって、かけがえのない経験と素敵な仲間を与えてくれました。

Q.
あなたにとってCUBEとは。CUBEらしさとは何ですか?

私にとってCUBEとは、「心のリセットボタン」を押してくれるところです。卒業後も何度か、CUBEを訪問していますが、そのたびに「今の私は、まだまだ未熟。この現状で、何を満足しているんだ」と自分を奮い立たせてくれます。また、CUBE精神を引き継いでくれた後輩たちや彼ら彼女らを支えてくれる先生方、また事務員の方々とお話しをすることで、「私には帰ってくることができる場所がある」と感じさせてくれます。 この2つが、またCUBEらしさにつながるのではないかと考えています。

仕事内容・取り組んでいること

Q.
現在はどんな仕事をされていますか?今後する予定ですか?

現在は、「コールセンター」をお客様に提供するための営業活動をしています。あまり聞きなれない仕事内容かと思いますが、意外と皆様の近くにコールセンターは存在します。活動対象のお客様は、主に地方自治体様で、市民サービス向上等のために提案を行っています。価格面での交渉はもちろん、地域にお住まいの方々に最高のサービスを与えられるきっかけになるよう、日々努力を重ねております。

Q.
仕事のおもしろさや難しさ。働くうえで大切にしていることは?

面白さとしては、「知らないことが毎日出てくる」というところにあると感じています。日々、お客様の元へ足を運んでいますが、毎回新しいワードや話題が出てきます。そのたびに、勉強を繰り返し、知識を積み重ねていきます。勉強した知識を活かすことで、お客様との会話が弾み、またそれが売り上げに結び付く。その瞬間の面白さのために、頑張っています。 また、大切に心掛けていることは、「正しい日本語、印象付ける日本語を使うこと」です。私たちは、日々「曖昧な」日本語を使い、「なんとなく」で会話をしていると思います。友達との会話であれば、それでも構わないかと思いますが、社会人になってからはそれだけではいけません。例えば、お客様との打ち合わせ。少しの時間でも、いかに自社のサービスをよくアピールするか、自分を認めてもらうかが大切になってきます。CUBEでは、「正しい日本語や美しい日本語」「相手の記憶に残るような話し方」を学びました。これらを習得できたとは決して言えませんが、意識して使うようにすることはできるようになりました。まだまだ未熟な点が多くあるので、これからも大切に、また意識をして仕事を行っていきたいと考えています。

メッセージ
Q.
社会人を経験してみて、学生時代にやっておいた方がいいと思うことは何ですか?

「引き出しを出来限り増やすこと」をオススメします。ジャンルは本当に何でも良いので、様々なことに興味を持ち、自分の目や耳、そして身体で何かを感じてください。それが人に驚かれるような大きな出来事でなくて構わないと思います。しかし、何かしらの行動を起こし、何かを感じてください。小さな経験をたくさん積み重ね、自分を高めることで、自分を大きく成長させることができるのではないかと思います。

Q.
これからCUBEを目指す高校生にメッセージをお願いします

CUBEには、多くの成長するチャンスが転がっています。さらに、チャンスを掴むための支援をしてくれる環境も整っています。しかし、初めの一歩を踏み出すのは、自分です。皆さんの中には、「程よく頑張る自分」「人に言われればできる自分」「来るべき時が来れば頑張ると考えている自分」はいませんか。私には、そんな自分がいました。CUBEでそんな自分がいなくなったとは決して言えませんが、何か少し変わった自分がいることは確かです。皆さんも勇気を出して、新しい一歩を踏み出してください。きっと素敵な何かを手に入れられるはずです。